アナログも悪くは無いのかな…

年末年始に考えることと言えば、毎年はがきできちんと送られてくる年賀状を見て、アナログも悪くは無いかなと、ついつい思ってしまうことです。
私は、アンチ年賀状派でした。
それで、なんやかんや言い訳をして、年賀状を出すのを渋り、「明けおめメール」で手を打つようになってしまった人の一人です。
しかも最近はツイッターとかフェイスブックで、明けましておめでとうとつぶやけば、そんなに仲良くない友達は「いいね!」で生存確認をさせてくれるし、仲良しの友達にはLINEのスタンプで済ませてしまいます。
そんなものぐさで、大雑把で、出来るだけ簡単なツールでみんなとつながっていたいと思う私なのです。
でも、この時期に、心づくしの綺麗な文字で近況報告や子供の写真と共に今でも律儀に年賀状を送ってくれる友人がいます。
そんな友人たちの心の美しさが映るような年賀状を見ていると、あまりに味気ない自分自身の友情を反省すると共に、アナログに字を書いて郵便で送ってと言うプロセスで気付く友情も悪くはないと、心から思うのでした。紫外線対策ができる化粧品

コメントは受け付けていません。

お気に入り